家庭用脱毛器は実は割高になるって知ってますか?

脱毛の方法はいくつかありますが、多くの方が思い浮かべるのは脱毛サロンか家庭用脱毛器、この2つではないでしょうか?

家庭用脱毛器は脱毛サロンやクリニックに通わなくても自宅で気軽に脱毛を行うことができて、人気も高いですよね。今は様々な脱毛器が販売されていて、種類も充実しています。

家庭用脱毛器を購入するという初期費用はかかってしまいますが、1度購入してしまえばずっと使い続けることができますので、コスパがよいと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は家庭用脱毛器にはカートリッジの交換が必要になるのをご存知ですか?

カートリッジは消耗品になりますので、規定回数の照射を行うと新しく交換しないといけないのです。ですから、1度脱毛器を購入すればあとは費用がかかることなく何回でも使えるというわけではありません。

家庭用脱毛器を使うと確かに一定の脱毛効果を得ることができますが、いわゆる永久脱毛を行うことはできませんので、時間が経てば毛がまた生えてくる場合もあります。

ですから、定期的に脱毛器を使わないと、ムダ毛のないきれいな肌を保つことができないのです。そのためには定期的にカートリッジを購入する必要があります。

そうなると、結果的に割高になってしまうこともありますので、一時的な出費ではなくトータルで考える必要があることを覚えておいてください。

肌が弱いけれど脱毛サロンに通って大丈夫?

では、脱毛サロンはどうでしょうか?

脱毛サロンの料金は、ここ数年で価格破壊とも言えるくらい値下がりをしていて、広告なども頻繁に目にするようになりましたので、およその料金は皆さんもご存じでしょう。

むしろ、脱毛サロンに通っても大丈夫?という不安を持っている方が多いと思いますので、ここからはそちらに焦点を当ててみようと思います。

例えば、肌が弱いけれど脱毛サロンにいっていいのかと不安に思う方もいるでしょう。しかし、脱毛サロンの施術方法はフラッシュ脱毛なので、痛みをほとんど感じません。

また、痛みを抑えるためのジェルなどを塗ってから施術を始めるサロンが多いので、アトピーなどの症状を抱えている方でも安心して施術を利用することが出来ます。

専用の施設では、肌が弱い方に施術をした経験も多いため極力刺激を与えないような施術方法を提供してくれます。

施術を行う前にカウンセリングを設けるケースがほとんどなので、施術を行える調子が整っているかどうかしっかりとチェックしてくれます。アトピーであっても、カウンセリングでちゃんと観察してから施術に移るので、安心してフラッシュ脱毛で除毛してもらえます。

肌が弱い人でも脱毛サロンに通えるのは、高機能な脱毛マシンが普及しているからです。家庭用脱毛器は業務用の脱毛マシンと比べると出力が低いので安心して使えそうですが、あくまでも使うのは素人ですので、ムラができたり万が一火傷などをした際も自分で手当てをしなければなりません。

そういった点からも、脱毛サロンで施術をしてもらった方が安心で効果的といえるでしょう。

妊娠をしていても脱毛サロンへ通って大丈夫?

次は妊娠中の施術に関する話です。

妊娠中にフラッシュ脱毛をしては絶対にいけない、とは決められていませんが、多くの脱毛サロンでは推奨しておらず、おすすめはできません。

理由は妊娠中なにが起きるか分からないので、フラッッシュ脱毛がストレスになってしまった場合、母体と赤ちゃんに何らかの影響が出るかもしれないからです。

必ず影響がでるわけではありませんが、予防措置としておすすめはしていない脱毛サロンが多いです。

どのようなときにストレスを感じやすいかというと、脱毛をするときの痛みがストレスになりうる可能性があります。また、脱毛を行うときの姿勢が妊婦さんにストレスを与える可能性があります。

妊婦さんの場合、通常の状態と体が違うので、突然具合が悪くなったりすることもありえます。それが脱毛の施術中に起こる可能性もあります。

妊娠初期などは、つわりなどの症状が出ますので、脱毛するにはあまり状態がいいとは言えません。また安定期に入ると、お腹が出てきますので母体へ負担が伴います。

脱毛を行う部位にもよりますが、あまりおすすめは出来ません。